ヤミ金 事件

【最短1日で闇金対策!】

エスト

ヤミ金事件 大阪八尾市ヤミ金取り立て苦心中事件

踏切

2003年6月大阪府八尾市のJR関西本線の踏切で61歳と69歳の老夫婦とその妻の兄の計3人が走行中の電車に飛び込み自らその命を絶ちました。
自殺する直前には「ヤミ金に引っ掛かってしまって、いくら返しても完済にしてくれない。返せないなら死ねという電話が毎日かかってくるからもう死ぬしかない」といった内容の遺書が残されていたそうです。

 

この事件の特徴は年配の人をターゲットにした悪質な取り立てが頻繁に行われたという事。ヤミ金から借りたお金は3万円でしたが先に利息分が引かれて1万5千円しか貸してもらえなかったそうです。
しかも超高金利なため毎回利息分しか返済できず、アルバイトで稼いだお金も全て支払いに充てて既に10万円以上返済しているのに何かと理由をつけて完済扱いにしてくれなかったとの事です。
ヤミ金に引っ掛かって大変という旨、警察に相談したらしいのですがその時の警察の対応は「ヤミ金にお金払ったらあかんよ。こっちも強気で拒否せな。」と忠告をしただけです。

 

その忠告を真剣に受け止めて強気にでた結果「払えんのやったら死ね」と毎日のように電話攻撃を受ける事になりました。
さらに抵抗し続けるとその夫婦が住んでいたアパートの全世帯に「お前らもその夫妻の保証人やから金返せ!」といった内容の電話をかけまくり全く無関係の人間にまで迷惑をかけたという事実も残っています。
この夫妻は真面目な性格で人様に迷惑をかけるのが一番心苦しく感じ、これ以上迷惑をかけてしまうのなら自分たちは死ぬべきなのだと思い込み心中をしてしまったのでしょう。

 

もしこの時、警察だけでなく司法書士などの法律の専門家に相談をしていたらどうなっていたのでしょうか?
司法書士や弁護士などはヤミ金の被害に遭っている人の代わりにヤミ金業者と交渉する権利があると法律で決まっています。
この夫妻が司法書士に相談し受任契約をおこなった時点で、司法書士はヤミ金に対して受任通知を発送します。(住所がないヤミ金の場合は口頭で受任の旨を伝えます。)
この受任通知を送付した時点でヤミ金業者は債務者に連絡を入れる事が禁止されます。
これは貸金業法にて正式に定められている事なので、もしヤミ金業者が受任通知を無視してこの夫妻に取り立て電話を続けた場合、違法行為となり立件する事ができます。
裁判ともなるとヤミ金業者の実態が明るみに出る事になるので、これ以上の取り立て行為や接触は諦めざるを得なくなります。
ヤミ金業者からの過激な取り立てや近隣住宅への迷惑行為もなくなり、アルバイトでコツコツ稼ぎながら幸せに生活をする事ができた事でしょう。

 

エストリーガルオフィス

> エストリーガルオフィス <
> 闇金無料相談はコチラ <