ヤミ金 対応

【最短1日で闇金対策!】

エスト

ヤミ金業者とのやり取りで有効な対応方法

ヤミ金業者からお金を借りた場合、必ず法外な金利をのせて返済の請求をしてきます。
10日で1割や10日で5割など、一般的な消費者金融と比べものにならない程の暴利です。
このような暴利は貸金業法に違反しているので、基本的には返済など一切する義務はないのですが返済をしないともちろんヤミ金業者から執拗な嫌がらせを受ける事になります。
嫌がらせも多種多様ですが主に精神的にダメージを与えるものが多いです。
そんな嫌がらせや悪質な取り立てを受けた時の対応方法を紹介します。

 

司法書士など法律の専門家に任せる

ヤミ金業者が一番嫌がる対応がこの法律の専門家を出す方法です。
もちろん警察にチクられるのも嫌がりますが、警察は基本的に何か大きな事件とならない限りあまり動こうとしないのでヤミ金にとっては直ちに対処しなくていいのでそんなに驚異にはなりません。
でも司法書士などの法律に詳しい人が表に出てきた場合、司法書士はそのヤミ金業者を常に監視し少しでも犯罪にあたる行為があった場合、即裁判に持ち込める体勢を整えているんです。
もし違法な取り立てや嫌がらせが発端で裁判になった場合、刑事事件として立件されその原因も追究され結果的に貸金業法に違反したとし、懲役10年もしくは3,000万円の罰金またはその両方の刑事罰を受ける羽目になります。
ほんの数十万円の取り立てでこの刑事罰はヤミ金業者にとっても全く割に合わないという事なんです。

>>>ヤミ金問題に積極的に動いてくれる司法書士事務所はコチラ

 

警察に被害届を提出する

警察への被害届提出は被害を受けたら必ず行うべき事ですが、ヤミ金業者が絡んだ場合少し慎重にならないといけません。
警察が捜査に乗り出すと逮捕されるのは時間の問題となるので、基本的にヤミ金は警察にチクられるのを嫌がります。ただ警察官は事件性が強くないと動かない習性があるので、舐めてかかるヤミ金業者が多いのが現実。
空気を読めない警察官が被害届を受けた場合、債務者が割と危険な状況にも関わらずその場でヤミ金業者に警告の電話を入れる事もあります。
その結果、警察にチクられた事を逆恨みして、逆上したヤミ金業者に存在を消されてしまう可能性もゼロではありません。警察へ被害届を提出するという事は、一見安全な対応方法のように見えて実は案外危険な対応なのかもしれませんね。
もし警察に被害届を出す場合は、現状を細かく伝えて一番安全な対応をしてもらうようにお願いする事を忘れないで下さい。

 

取り立てがあっても無視し続ける

そんな事をすると逆に訴えられるんじゃないの?と思われますが、違法な金利でお金を貸して過激な取り立てをしている時点でヤミ金業者が一歩的に悪なので気にする事なく無視を決め込んでも法的に罰せられる心配はありません。
が、自分の勝手な判断でヤミ金からのコンタクトを無視していると確実に酷い嫌がらせを受ける事になります。
今までは電話での過激な取り立てだけだったのが、緊急連絡先として記入しておいた実家への過激な取り立てを始め、その次は自分の勤務先、両親や親戚の勤務先またその取引先や近隣の住民にまで嫌がらせの電話をかけてくるようになります。
自分だけではなく身内や赤の他人にまで迷惑をかけてしまう事になるので、この無視し続けるという対応方法はあまりオススメできません。

どんな状況であっても有利になる対応はコレ

ヤミ金からの取り立てが酷い、最近では家の前で帰ってくるのを待ち伏せされている、娘の幼稚園にまで怒鳴り込みに来られた、近所の人を勝手に保証人に仕立て上げて取り立て電話をしてくる、勤務先の電話回線がパンクしそうなくらい取り立て電話が鳴り続ける。
ヤミ金からの嫌がらせや取り立てには色々な種類があります。
また回収担当者の性格によっても取り立てのやり方が変わってくるので、やり方を間違えると現状が悪化してしまいます。
そんな中で最も低リスクかつ効果的な対応方法がこのページの最初にも書いたとおり法律の専門家に任せるという事です。

 

債務者が司法書士や弁護士などにヤミ金への対応を任せた場合、ヤミ金は債務者に対して取り立てを目的とした接触を禁止されます。
これは貸金業法で定められている事なので、もしこのルールを破って接触を続けてきた場合、貸金業法違反という事で刑事罰を受けないといけなくなります。
この事を正式な形で司法書士からヤミ金に通知すると、今まで手に負えなかったヤミ金からの取り立てや嫌がらせ行為がピタリと止まります。
その後の返済などのお話も全て司法書士や弁護士が代わりにしてくれるので、精神的にかなり楽になりますよね。
1人で抱え込まずに司法書士や弁護士に頼るのがヤミ金への一番有効な対応方法という事を覚えておいて下さい。